しつこくて陰湿すぎる隣人の奇行にドン引き、まだやってきてた

コンセントや電灯、インターホンの壁孔を通して、芳香剤や香水をこっちに吹き付けてた

異常レベルの隣人の奇行は、少しマシになり、ほぼ家の中のニオイはなくなりました。

簡単なあらすじ

だんだんと奇行がエスカレートしていった隣人との簡単ないきさつ

壁孔を封印した話

コンセント孔から芳香剤・香水を噴きつけてくる奇行隣人の嫌がらせ

しつこくて陰湿すぎる隣人の奇行にドン引き、まだやってきてた

たまにするニオイの元

でも、ゼロではない。

部屋の中で、たまにふっとニオイがくるのが不思議で

改めて、壁を見まわしました。

そしたら、ありました。

セコムの機材が備え付けであるんです。

契約してないから使ってないし、上の方だから盲点でした。

椅子を運んで、この機械のところの壁のニオイをかぐと

クッサ!!!

<br>

いつもの趣味の悪い香水のニオイがしました。

まだやっとるんかい!とゾッとしました。

この機械も、インターホンと同じく、取り外しはできない構造なので

電灯スイッチの孔からやってるのか

(だとしたら2mは離れている)

機械と壁の間に吹き付けてるのか。

いずれにせよ、カーテンレールより上に取り付けてあるのに

そんなところにまで執拗に香水吹き付けてて異常にも程があります。

壁孔を通って、隣の居室まで来る香水のニオイって相当な量のはずです。

クッサイ元になっていたセコムの機械は、サランラップ巻いて

養生テープで目張りしました、2重です。

ちなみにインターホンは現在3重です

見栄えが悪いったらありゃしないんですが、利点があります。

奇行種側が吹き付けしたり、換気扇を回すと、サランラップが膨らんだり

しぼんだりするのが分かります。

利点、でもないか。

日時メモにつけるだけです。

隣人の奇行への考察

執拗に続けているのは、ニオイまき散らしだけではありません。

深夜にベランダで、鈴を鳴らしてまじないをするというのも続いています。

管理会社に苦情を入れましたが、奇行隣人は

「そんなことはしていない、ベランダには必要最低限しか出ない」

という嘘をついていました。

まじないの録音は本当に聞くのがめんどくさいほどあります。

聞いてません。

2台目の監視カメラが、音も取れるので

やってれば、すぐ分かるので、ボイスレコーダーをベランダに設置します。

たまる一方です。

最初は確認して、編集やトリミングをしていましたが、時間と体力がもったいない。

奇行隣人には、強迫性障害とかあるんでしょうか。

世間的におかしなことって分かってるから

隠れてやって、指摘されても「やってない」って嘘ついて、続ける。

やめられない。

潔癖症の人が、手を洗うのを辞められないようなイメージです。

私は、ベランダにボイスレコーダーを置くのにコソコソしていません。

バーン!とサッシを開けて、ピッという開始音も、カチャっと置く音も普通にします。

むしろ、録音してるから、せんとってくれ、というメッセージですらあります。

でも、こっちがサッシを閉めたら、すぐに奇行隣人はまじない儀式を再開します。

録音されるという概念がないのか、分かっててやってるのか

未だよく分かりません。

深夜のベランダまじない中に、外から見たろ、と外出しました。

ドアの音が響くし、3人住んでるし、気づいたのかすぐに中止していました。

すぐ中止したと分かったのは、2台目のカメラはネットワークカメラで

スマホから画像と音声出力ができるからです。

2台目のカメラのレビュー:防犯カメラ(2個目)レビューと、隣人の芳香剤撒き方法が判明